世界を作る

より質の高い会社に
お客様が自然に集まる世界を作る

BLOG

渡辺寛士公式ブログ

集客を学んでも売上が伸びないときに気にすること

CATEGORY:経営 ブログ

信頼される社長の共通点

 

僕は「年商が高いから偉い」という考えは嫌いです。

ただラッキーパンチではなく、きちんと勉強しながら会社を突き抜けたレベルで成長させる社長には多くの共通点があります。例えば

  • 電話だけでなく、メールでもきちんと返信してくれる
  • 突発的な営業にも丁寧に対応する
  • (コロナ前は)セミナー後の懇親会にほぼ参加する

などなど。あなたもセミナー等で多くの社長を見ていれば共感できると思います。

『会社のレベルは社長の器の大きさと比例する』

こんな意識を持っている方は、忙しいときに営業電話がなってもできるだけ丁寧に対応していますよね。

集客でもたくさんの共通点がありますが、なぜか年商に直結するはずの「マーケティング力」は僕が知る限りバラバラで共通点がありません。

お世辞にも玄人レベルではないのに2店舗、3店舗と展開している方もいれば、「もう知識は不要では?」と思うくらい詳しいのに10年以上会社が成長していない方もいる。

その原因は何か?と考えると、きっと根本の原因はコレだと思います。

 

マザーテレサも言っていたこと

ビジネス系の本には、ウイリアム・ジェイムズという心理学者のこの言葉がよく出てきます。

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。

マザー・テレサも似た言葉を残したそうですが、結果を出す社長ほど一番大事な「心(マインドセット)」がブレません。

「10億円規模のリフォーム会社をつくる。そのために必要なことは全てやる」

「何が起きても自己責任」

「失敗しても乗り越えられる」

このような考えがブレない人はテクニックを学んでもすぐに活かせます。

逆に「10億円に到達できたらいいなぁ」という願望レベルの人は、たいてい「怖い」と感じるポイントでつまづきます。例えば僕も

  • 広告費をかける
  • 新しい取り組みをする
  • 人を増やす

このようなお金のかかることや、他人からの評価を受ける取り組みは怖いです。

ですので、もし僕に「お金と時間のある生活がしたいなぁ」程度の目標しかなければ行動しなかったでしょう。

今の生活がそこまで苦痛でなければ

「お金と時間のある日々」<「何もせず怖さも感じない日々」

となるので、勇気を出して恐怖心を乗り越える理由もなくなります。

これこそが、よくある“知識はあるのに結果が出せない人”の典型的なパターンです。

“恐怖心”に敗けて何もできないから結果も変わらない。

十分に集客の知識があるのにセミナーに来る方も、おそらく本当は恐怖心に勝ちたくて延々と学んでいるのでしょう。

では「心(マインドセット)」がしっかりしていると、なぜ恐怖心を乗り越えることができるのか?

その理由は、目標から逆算すると恐怖心に震えている場合ではなくなるから。

僕の例でいえば「質の高い会社にお客が集まる世界をつくる」というミッションがそうで、この世界への到達を考えると、広告や採用など通過点の1つです。

となれば「行動しない=事業終了」なので、恐怖心に勝つしかなくなります。

同じように、目標がブレない社長はやることが明確です。

集客を学んで「目標のために使える!」と思えば怖がらずにすぐ実行するし、変な儲け話にも浮気しないので早く結果を出しています。

セミナーに参加すると、よく最初にマインドセットの話をされるのもこれと同じような理由です。

恐怖心は本当にやっかいなので、自覚がある場合は「ブレない目標」を探すのもありだと思います。

 

また地域No.1の戦略や集客方法、ホームページでは書けないセミナー動画などより濃い情報をメルマガにて配信しています。

ご興味があれば下記よりメールアドレスを入力してご登録ください。

MAIL MAGAZINE

メルマガ

新築・リフォーム会社の集客や経営に役立つ情報を、動画などで無料でお届けします。
お気軽にご覧ください。