世界を作る

より質の高い会社に
お客様が自然に集まる世界を作る

BLOG

渡辺寛士公式ブログ

絶対に年商アップできない社長の口ぐせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■絶対に目標を達成できない社長の口グセ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕の仕事は、セミナーも含めると年間で数百人の社長とお会いします。

長い付き合いになった方も多く、彼らを見させてもらった結果

「この人はすぐ伸びる」

とか

「ボトルネックを解消すれば一気に変わるな…」

ということが高確率で分かるようになってきました。

そして、残念ながら絶対に伸びないと感じるタイプの人もいます。

その代表格が
「落ち着いたらやります」が口ぐせの人です。

  • 今の仕事が片付いたら…
  • 現場が落ち着いたら…
  • 人が採用できたら…

など理由はいろいろありますが、こういう人は大半が

「いつかいつかは、絶対来ない」

という言葉のとおりになってしまいます。

一応断っておきますが、「だから働けや」なんて言いません(笑)。

なぜなら、このタイプの社長は

  • 本当は今の状態に満足している
  • 売上アップより優先順位が高いものがある
  • サボりたい気持ちがにじみ出ている
  • お金がないなど、裏の理由がある

など必ず裏の理由があるので、それがわかれば行動できる人もいるからです。

でも、もし、あなたが本気で売上アップを望んでいるにも関わらず、

「落ち着いたらやる」を繰り返して6ヶ月以上停滞している自覚があるなら。

今すぐ成功した社長たちと同じく、
売上アップに直結する行動を最優先で取り組む必要があります。

この「最優先」がめっちゃ大事。

「成功しないのは行動量が足りないから」

という言葉がありますが、僕が見た限りでは

ぶっちゃけ、年商20億円の社長も、1億円の社長も行動量は変わりません。

むしろ、首から下に限れば年商1億円の社長のほうが動いてると思います。

じゃあ、何が違うかというと、売上アップに繋がる仕事をどれだけこなしているか。

たったそれだけです。

目標を達成する社長たちは、そのために必要なタスクが最優先。

自分でやるか、もしくは誰かに任せるかして、絶対に後回しにせず取り組んでいます。

でも、伸びないタイプの社長は

「○○で忙しいし、落ち着いたらやろう」

と自分に言い訳をする。

冒頭で僕の生産性が上がったと言ったのも、ある時から朝一番のタスクに

  • 自分のプライベート
  • お客のためのタスク
  • その他、目標に繋がらない行動

これらを入れないと決めたからです。

裏を返せば僕も成功しないタイプだったわけですが(笑)、できる社長のマネをしたことで変わりました。

でも、自分でも実感したからこそ効果があると断言できます。

1日1時間でもいいので、朝一番に本当にやるべき仕事に取り組む。

当然、お客を後回しにするのは怖いです。

ところが、怖い気持ちがある人は効率よく動いて絶対にやり切ります(笑)。

今から「最優先で取り組むタスク」を決めてみてはいかがでしょうか。

 

また地域No.1の戦略や集客方法、ホームページでは書けないセミナー動画などより濃い情報をメルマガにて配信しています。

ご興味があれば下記よりメールアドレスを入力してご登録ください。

MAIL MAGAZINE

メルマガ

新築・リフォーム会社の集客や経営に役立つ情報を、動画などで無料でお届けします。
お気軽にご覧ください。