世界を作る

工事品質が良い会社に
お客様が自然に集まる世界を作る

BLOG

渡辺寛士公式ブログ

お客様は神様じゃない

CATEGORY:ブログ

 

ある社長と関わりがなくなり、もうすぐ2年。今回はその思い出ばなしです。

熱烈なファンが多い社長

 

今回の話とは別の方ですが、以前「あなたが怖いので、もう関わりたくない」とお客に言われて涙がでた…と、体を震わせながら話してくれた職人社長がいました。

僕はこの社長がお客と電話するのを何度も見ていますが、たしかに怖い(笑)。

他社の提示内容で、気になる点はしっかり指摘する。明らかにダメな部分は、「絶対にいかんです!」と強く言う。

声も大きいし、威圧的なので離れていくお客も多いようでした。

でも、1つだけ確かなのは、この社長は「嫌われることを恐れず、真実を伝えていた」ということ。

契約がほしくて大声で話し手いたわけではありません。

だから熱狂的なファンも多いし、彼の会社は忙しくて既存客のフォローができないのに、リピート受注も平均的な会社より多い。

なのでマーケティングも彼の特徴を全面に押し出したら、最初の月に新築を2棟受注。いかにも職人社長らしい結果を出していました。

言わない後悔より、言って後悔した方が良い

 

「お客が離れていくのが怖い」という社長は多いです。

これは僕も同じで、たとえばわたサポのお客の8割くらいは、他でも経営や集客を学んでいます。

その中には100万円以上だして学んだ内容がズレている…なんて人もいますが、その人は、その講師のことを信頼しているはず。

それに、講師は正しいことを伝えたけど、知識がなくて解釈がズレてしまっているケースも多々あります。

なので、悪者はいない。

こんなときは、相手がやりたいことに沿いながら、ほしい結果が手に入るようにサポートするのが筋でしょう。

これならお客の満足感も高いし、人として嫌われずにすみます(笑)。

ところが、どうしようもなく困るケースがあります。それが今回の社長のケースで、「広告を打たなくてもお客が来るように、モデルハウスの建設を計画中なんです」という話でした。

この社長は広告の知識はもちろん、何のためにモデルハウスを建てるのかも曖昧な状態です。

彼が信頼するコンサルタントも「モデルハウスがあれば広告は不要」と教えていて、さすがに悪意を感じました。

しばらく話を聞くと他にも問題がたくさんあり、「白紙にしないとヤバい」と思わせるに十分な内容です。

彼の年商なら、100万円くらいであれば高い勉強代と言えるでしょう。ただ、数千万円は笑えません。間違いなく、一生後悔します。

しかたなく、やる気スイッチならぬ、嫌われスイッチをオン。

相手が信頼している講師に対する怒りの感情を隠さず、ズバズバ指摘しました。相手の顔はみるみる曇ります。そして、それ以来お話する機会はありませんでした。

そして今、彼の会社のモデルハウスは建っていないようです。

だから、あれで良かったよな…。気にはなるけど、そう僕は考えるようにしています。

人と人との繋がりを大事にすれば…

 

次の一文を読んで、気を悪くしたらすみません。先に謝ります。

今も昔も、僕は「自分>社員>外注さん>お客」と、この順番で大事にするようにしています。

これは「身近な人から幸せに」という僕のコアの部分から来ているのですが、お客を大事にするのは当たり前です。なので、あなたを大事にしないわけではありません。

ただ、お客より外注さんを大事にすると決めているので「お客様は神様」とは思っていません。

「お客も自分も人」と思って接するようにしています。

そのため、変な問い合わせも、むげな扱いはしない。逆に相手が大企業だろうと、ごまをすらない。

相手が誰でも、人対人と思って接する。わたサポも、僕はもちろん、社員もそんな人ばかりの会社にしていきたいな…と考えています。

冒頭の怖い社長もそうですが、やっぱりお客に支持される人は、伝えるべきことは素直に伝える傾向があります。

そして、そんな社長がいる会社は、工夫次第でリピート受注が増えやすいのも事実です。

いくら工事をしても、普通に接して濃い繋がりができるお客は2割か3割。

だとしたら、正面から向き合って、本当に濃い繋がりができるお客を少しずつ増やしていく。

そのほうが、のちのち幸せに感じる社長は多いだろうなぁ…としみじみ思いました。

MAIL MAGAZINE

メルマガ

新築・リフォーム会社の集客や経営に役立つ情報を、動画などで無料でお届けします。
お気軽にご覧ください。