世界を作る

より質の高い会社に
お客様が自然に集まる世界を作る

BLOG

渡辺寛士公式ブログ

「忙しくて行動できない」人が見過ごす問題

CATEGORY:ブログ

社長からよく聞く言葉の中に

「今月は忙しくて…」
「おかげさまでお客が殺到していて…」

といった発言があります。

もちろん、社長は事実を話してくれているし、お客が多いのは嬉しいことです。

だから、発言自体は全く悪くない。

でも、そこから何を解決すべきなのかに社長自身が気づいていなければ「問題発生!」となります。

ハッキリ言いますが。。

「忙しいから行動できない」と自分を許してしまうと、結果は永遠にでません。

これについては、「最近いつ暇だったかなぁ」と振り返れば納得してもらえるでしょう。

新築、水回り、塗装、エクステリアなどメイン商品が同じで、年商も同じくらいなら仕事量はどの会社も似たようなものです。

「うちの会社は特別仕事量が多くて…」

なんてのは幻想だし、本当に特別仕事量が多いのなら、すぐに費用対効果の悪い仕事をやめるべき。

つまり、「忙しい」のはどこも同じ。

だから、僕らは忙しい中でも結果を出せる側の社長になる必要があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「忙しい」の裏にある2つの原因
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、忙しい中でも結果を出す社長と、そうでない社長にはどんな違いがあるのか。

僕の経験上、

  • 能力的な問題
  • 心理的ブロック

ほぼこの2つどちらか、もしくは両方が原因となっています。

能力的な問題は、効率よく進めるだけの技量がないのが原因。

もう1つの「心理的ブロック」。

これは決断力のなさや失敗への恐れ、もしくは「成功への恐れ」によってブレーキを踏んでいる状態です。

正直、上手くいかない人の7割か8割の人が当てはまるんじゃないか?と僕は思っています。

成功したい気持ちはある。

でも、それ以上に成功するまでの過程が楽しい。

その過程を味わうのに、セミナーや教材は最適だからたくさん買い集める。

こうして、いつまでも「努力している自分」に浸っていたい。

…自分で書いていて、ちょっと惨めな気もちになります。

だって、24~26歳くらいの僕は、まさにこの状態だったから(笑)。

そして、ある意味今もこの状態かもしれません。

誰だって成功はしたいんです。

でも、自分や環境が変わるのが怖い。

さらに、正直今の状態もけっこう楽しい。

これがコンフォートゾーン(快適な状態)になると、そこから抜け出すのは困難です。

このことは科学的に証明されています。

そして、結果をだす社長は、これを逆に利用しています。

よく見るのは

  • さらに大きな目標をもつ
  • すでに成功した社長たちと会う

この2つ。

今より大きな目標をもてば、成功への旅がもっと長く続けられます。

でも、現実があまりに物足りないので、コンフォートゾーンを最適化するために年商を伸ばそうとする。

さらに、セミナーなどに参加して、先に成功した社長たちと一緒の時間を過ごすと、「成功していないと不快」なので、やっぱり年商を伸ばそうとする。

この2つは僕も体験しましたが、ハッキリ言って効果抜群です。

こうして書いてみると、行動するのも「技術」なんだな…とつくづく思います。

行動できないのは意思が弱いのではなく、ただ単に行動するためのスキルがないだけ。

良い悪いじゃなく、知っているかどうかの問題。

忙しさや恐れは、成功する前に現れる障害みたいなものです。

そう思って、スキルを身に着けて動いた者勝ちだと僕は思います。

 

地域No.1の戦略や集客方法、ホームページでは書けないセミナー動画などより濃い情報をメルマガにて配信しています。

下記よりメールアドレスを入力してご登録ください。

MAIL MAGAZINE

メルマガ

新築・リフォーム会社の集客や経営に役立つ情報を、動画などで無料でお届けします。
お気軽にご覧ください。