世界を作る

より質の高い会社に
お客様が自然に集まる世界を作る

BLOG

渡辺寛士公式ブログ

【SEO】意味ないキーワードで1位を取っていませんか?

CATEGORY:ウェブ

過去にも似た内容で何度か書きましたが、

  • どこどこにSEO対策を頼んだら上位に表示された
  • お金を払ったけど、あの会社のSEO対策は効果がない

このような声を本当によく聞きます。

SEO対策は金になるのでサービス化している業者が多いですし、彼らの「このキーワードで1位表示します!取れなければ返金します」といったトークは魅力的に聞こえるのかもしれません。

ですが、売上に繋がらないキーワードで1位を取って何の意味があるのでしょうか。

僕はSEOのプロが使うレンタルサーバー会社で働いていましたし、若いころは自分もSEO対策一本で食っていくビジネスをやっていました。

ですのでSEOには詳しいのですが、わたサポではSEO対策を行うサービスは提供しません。仮にこのメールから対策の依頼がきてもお断りします(笑)

断る理由は、わざわざお金を払わなくても真面目にやっている会社なら業務の一環ついでに上位表示できる方法があるから。

そんな僕はずっと以前から↓の本音をどこかで言いたいと思っていました。

「意味がないキーワードで1位を取る人マジで多すぎ!」

これ、あと10回言いたいくらい常々思っています(笑)。

SEO対策にお金を使うことを検討するなら、せめてこの2つは事前に調べておくと良いです。

  1. そのキーワードが月に何件検索されているか
  2. 実際にそのキーワードで検索してみた結果

「1」は業者に聞けばすぐ教えてくれます。

自社で正確な数字を調べるには有料広告を設定しているGoogleアカウントが必要なので、ちょっとハードルが高いです。

「1」の例をあげると、岡山市では「外壁塗装」というキーワードが月に320件検索されています。

仮にこのキーワードで1位が取れるなら月に1~3件ほど問い合わせが獲得できそう。さらに紙媒体の広告も出していれば、もう少し相乗効果が見込めるでしょう。

ところが、これが「屋根塗装」というキーワードだと月40件と急に少なくなります。

さらに水まわりの「キッチン 設置」だと月10件にまで減ります。

月10件しか検索されないキーワードなんて、SEOで1位をとっても月3~5件の「アクセス」しか見込めません。

仮にアクセスした人のうち1%が問い合わせをくれる質の高いHPを持っていても、問い合わせは1年に1件来るかどうか。

あなたなら、こんなキーワードで1位を取るためにお金を払いたいですか?

次に「2」ですが、今のGoogleには検索されたキーワードに対して需要に答える記事を表示できる仕組みがあるので、実際に検索してみれば問い合わせに繋がるキーワードかどうかがわかります。

それを踏まえて実際に「キッチン 設置」と検索してみると、でてくるのはDIYや工程の解説記事が中心です。

つまり、検索する人はキッチンのリフォームができる会社など探していません。

でもSEO系の業者からすれば、こういう需要のないキーワードほどカンタンに1位が取れます。

そこで営業の殺し文句として「キッチン 設置 で1位が取れます!」と言うわけです。

  1. キーワードが月に何件検索されているか
  2. 実際にそのキーワードで検索してみた結果

この2つを調べておけば

「うちに任せてください。リフォームを依頼する気のない人が、月に10件しか検索していないキーワードで1位をとりますから」

こう言っているのだとすぐにわかります。

もう一度言います。

意味のないキーワードで1位をとる人多すぎです。もうやめにしませんか?

 

 

また地域No.1の戦略や集客方法、ホームページでは書けないセミナー動画などより濃い情報をメルマガにて配信しています。
ご興味があれば下記よりメールアドレスを入力してご登録ください。

MAIL MAGAZINE

メルマガ

新築・リフォーム会社の集客や経営に役立つ情報を、動画などで無料でお届けします。
お気軽にご覧ください。