世界を作る

より質の高い会社に
お客様が自然に集まる世界を作る

BLOG

渡辺寛士公式ブログ

ホームページで売るべきなのは商品じゃなくて…

売上が伸びてる会社が多い

 

渡辺です。

今年はとくに売上が伸びてるお客さんが多いです。

コンサルやセミナー・ウェブ制作などで関わってはいますが、行動したのは全てお客。

僕はちゃぶちゃぶ話しただけで、みなさんが成果を出すことで逆に勉強になって、大きな刺激を受けてわたサポの行動も加速してる。

うーん、僕よりお客さんの貢献度のほうが高いかも(笑)。

感謝感謝。こうやってチームのように全員が盛り上がっていくといいですね。

 

ホームページって何のためにあるの?

そもそも、ホームページって何のためにあるのか。

ぼんやりと考え事しながら「そういえば!」と思いだしたのですが、意外にも「売るため」だと思っている方が多いです。

これは知っておいてほしいのですが、ウェブ上で売るためのページは「ランディングページ(LP)」です。

本来は着地するページという意味ですが、日本では縦長のひたすらスクロールしながら読む1ページだけのサイトを指しています。

一度入ったらページを消すか、申し込まないと他のステップに進めなくするページですね。

最近は余計なボタンがついたLP型ホームページも多いですが、このあたりはまた別の話。

ちなみに、うちがまだWEB技能社だったころはホームページをもたず、LPだけで集客していました。それくらいLPは「売る」ということに特化したページということです。

 

売るのは商品じゃなくて…

じゃあ、ホームページは何のためにあるのか。

以前のメルマガで「ライバルとの違いが分かるサイトが良いサイト」という話をしましたが、確かに差別化要因は大事な要素です。

でも、あなたが扱うのは、一生に一度の買い物である新築や、その次に高いかもしれないリフォーム。

そんな大きな買い物をするお客さんは「他の会社より優れていること」より前に、あなたにアピールしてほしい物があります。

それは「うちは信用できる会社です!」ということ。

この信用がなければ、高額な買い物をお願いしたいとは思えません。なので、あなたがホームページで売るのは商品よりも「信用」が先になります。

他社との違いも、信用してもらうための1つの要素。

このあたりをホームページで伝えておいて、商品は直接会ったあとに売ればいい。これくらいの考えのほうが良いサイトづくりができると思います。

 

信用を売る手段は多い

信用はいろいろな手段でアピールできます。

施工事例、お客様の声、推薦の声、メディア実績etc…

「これをやったから100%信用してもらえる」というものでもないので、けっこう疑り深い方でも信用できるくらいの情報量をホームページに入れておく必要があると僕は考えています。

といっても、長すぎるとお客さんも読むのが大変。

となると、できるだけ少ない情報量で大きな信用を得る必要がでてきます。

この矛盾する問題を解決しようと、最近は写真や動画を上手く活用する会社が増えてきましたね。

繰り返しますが、あなたがホームページで売るべきなのは商品じゃなくて、信用です。

なんでそこまで信用が大事なのか?

それは、「なぜ、あなたの会社にお願いするべきなのか?」というお客さんの疑問に答えようと思うと、この信用なくして説明することが不可能だから。

基本的なことだけど、これも忘れちゃいけないな…と思ったので書かせてもらいました。

それでは、今日はこれで失礼します。

 

地域No.1の戦略や集客方法、ホームページでは書けないセミナー動画などより濃い情報をメルマガにて配信しています。

下記よりメールアドレスを入力してご登録ください。

MAIL MAGAZINE

メルマガ

新築・リフォーム会社の集客や経営に役立つ情報を、動画などで無料でお届けします。
お気軽にご覧ください。