世界を作る

より質の高い会社に
お客様が自然に集まる世界を作る

BLOG

渡辺寛士公式ブログ

なぜホームページは「集客の一部」と考えるべきなのか

TAG:

ホームページの動線への考え方

 

まず、ホームページに限らずウェブサイトは

【アクセス数×サイト(ページ)の質=問い合わせ数】

となりますから、ホームページを作っただけでは問い合わせは増えません。何かしらの方法でアクセス(見てくれる人の数)を稼ぐ必要があります。

ここで大事なのは、アクセスの集まり方が会社によってマチマチだと言うことです。

 

どんなお客がHPを見に来るのか?

例えばチラシをまいている会社なら、チラシを見て「どんな会社なのか?」と気になってHPを見に来る人が多いでしょう。

SEOやGoogle広告を出してアクセスを集めている会社であれば、おそらく「岡山市 トイレ リフォーム」のように、地域名やサービス名を入力して検索している人が多いです。となると、

  • チラシ経由のようにどんな会社か気になっている人が多い会社
    ⇒その不安に対する回答をしっかりと示すホームページを作ると効果的
  • SEOやGoogle広告など最初から経由から来る人が多い会社
    ⇒「どの会社がいいのかな?」という疑問にしっかり答えると効果的

このように、同じ業界のホームページなのに売れる構成が変わってきます。

もちろん、ある程度の年商の会社ならどちらの集客ルートもあるので、配分に気をつけながらどちらにも対応できるホームページにする必要があるでしょう。

いずれにしても、自社のお客の動線に沿った内容にすることが「集客の一部」の肝です。

 

また地域No.1の戦略や集客方法、ホームページでは書けないセミナー動画などより濃い情報をメルマガにて配信しています。

ご興味があれば下記よりメールアドレスを入力してご登録ください。

MAIL MAGAZINE

メルマガ

新築・リフォーム会社の集客や経営に役立つ情報を、動画などで無料でお届けします。
お気軽にご覧ください。