世界を作る

工事品質が良い会社に
お客様が自然に集まる世界を作る

BLOG

渡辺寛士公式ブログ

お客があなたのホームページに期待するもの

CATEGORY:ブログ

ホームページは集客動線の一部

「ウェブ集客はよく分からん」という社長がターゲットなのか、「よく売ろうと思ったな…」と驚くような低品質なサービスが世の中にまん延しています。

ホームページはマーケティングの動線の一部でしかないです。

なので、本来は会社がメインで行っている集客方法とリンクした内容にするのが一番。

大きな効果を生みたいなら本質を抑えるしかないので、このメルマガでも似たような話をちょくちょく繰り返していこうと思います。

こっちの「まん防」も効果があればいいですね。

 

基本のキ

まず、初心者の方によく聞かれることに対する答えをお伝えしておきます。

「ホームページを作り変えたらお客が集まる」とか「オシャレなサイトだと反応がいい」とか、それは幻想です。

なぜなら、ウェブは簡単にアクセスできることもあり、チラシなどオフラインと比べると競争が激しい市場だから。

チラシと違ってお客は2~3社を簡単に見比べられるので、大半の会社がオフライン経由より、ウェブから来たお客のほうが契約率が低くなります。

じゃあ、お客がウェブ上で見たいのは何?オシャレなサイト?派手なサイト?

そんなはずはなく、答えは「他の会社と比べて、あなたの会社は何がいいの?という問いに対する答えです。

その答えがないサイトは「強みがないサイト」とイコール。広告などでアクセスを集めて目立つしか問い合わせを増やす方法がありません。

なので、サイトにこの答えがないのに「アクセスが増えますよ~」というサービスに申し込むのはちょっと考えものだと僕は思います。

これは基本的なことですが、サイトをリニューアルしても集客数が伸びない会社はだいたいココで苦しんでいます。


ライバルとの違いの打ち出し方

じゃあ、どうやって他社にはない要素を入れるのか。

ホームページで自社のこだわりや想いを書こう!という方もいますし、それは僕もオススメしたい方法です。

でも、それらが効果をもつのは、読み手であるお客が「いいな」と感じてくれたときだけ。

独りよがりになってしまっては元も子もなくなります。なので

・あなたの会社の良い部分
・ライバル会社にはない要素
・ライバル会社より得意な要素

これらをピックアップしていき、その要素に対して過去のお客が「この要素がよかった」と言ってくれたものから優先的にホームページに組み込んでいくのが良いでしょう。

過去のお客がいいと思ったのであれば、これから来るお客も良いと感じてくれる可能性が高いですからね。

 

この2つを抑えておこう

今日の内容はNo.1メソッド実践講座など、うちの有料の講座でも掘り下げて説明しているほど大切な要素の1つについてです。

僕は日本の建築業界を「質の良い会社にお客が集まる世界」にできるなら、その方法は何でもいいと思っています。

ぶっちゃけ、すべての方がうちのお客じゃなくてもいい。

なんなら、わたサポの存在意義がなくなるくらい「どこに頼んでも素晴らしいサービスが受けられる」のが業界の理想だと思っています。

なので、これを読んでくれているあなたが、お客さんに真剣な社長であればぜひ実践していただきたい。

うちと同業者の方であれば、ぜひ顧客に教えてあげてほしい。そう思うのが

「ライバルとの違いが分かるサイトが良いサイト」
「悪いサイトの状態で、アクセスを集めるサービスに申し込んでも効果は薄い」

この2つです。

これが常識として広まってくれれば、質の低いサービスのまん延防止になると思っています。

MAIL MAGAZINE

メルマガ

新築・リフォーム会社の集客や経営に役立つ情報を、動画などで無料でお届けします。
お気軽にご覧ください。