世界を作る

工事品質が良い会社に
お客様が自然に集まる世界を作る

BLOG

渡辺寛士公式ブログ

集客の知識を応用できる人になるには

CATEGORY:ブログ

勘やセンスはなくてOK

集客の方法を応用できる人って、どんな人?今日はこれについて僕の考えを書きます。

まず、応用できる人の定義は「集客の質問をされたときに、根拠をもって説明できる人」だと僕は思います。

根拠として、もっとも信頼できるのは数字です。その次にロジック。

なので「~の方法が有効だと思う」と説明するなら少なくともロジック、できれば数字を根拠にもってこないと説得力がなくなります。

この2つがない人は、いくら頑張って説明しても「この人はそう思ってるんだ」と聞き流されてしまうでしょう。

僕は集客のセンスはあれば嬉しいけど、なくてもOKだと思っています。なぜなら

・やる前にロジックを考える
・実行し、数字をとる
・数字をもとに改善する

このPDCAを高いレベルで回せたら、センスがなくても集客の「プロ」といえるからです。

もっとも、普通の人は「プロじゃなくていいっす。うちの会社の売上が伸びればそれでいいっす。」と考えますよね。

そんな人には、集客のプロじゃなくても、センスがなくても、マスターすれば売上がそこそこ伸びる、この方法がオススメです。

 

財布を開いた瞬間に考える

売上は「1」のロジックを考える精度が高ければ伸ばせます。なぜなら、ロジックはお客の動線とイコールだから。

ここがドンピシャで当たっていれば、数字をとることも、改善する必要もありません。最初から大当たりします。

じゃあ、このロジックを高いレベルで考える人になるには、どうすればよいのか。

僕の経験上もっとも効果があったのは

「財布を開いた瞬間に“なんでこれを買ったの?”と考える」

でした。どんな商品でも、買ったからには理由があるはずです。

ポップで気持ちが動いたとか、通販のレコメンドで表示されたとか、ほしい機能があったとか、カッコよかったとか…。

いずれにしても、そのお店のマーケティング活動にのせられたのは事実。

なので、自分が財布を開いた理由を考えることで、実際にお客が購入したロジックを理解することができます。

そして、これが積み重なると、自然に精度の高いロジックを生み出せるようになり、集客にも応用できる人になっていきます。

 

日常から学ぼう

マーケティングの勉強をしていると、たまに「繁盛店に入ったら、客単価や回転数から年商を予想しましょう!」という人に出会います。

でもこれをやっても、ただ計算が早くなるだけです(笑)。売上が伸びる理由にはなりません。

それよりも「なんでこのメニューを選んだの?もっと売るにはどう改善する?」と考えたほうが自分のロジック強化に役立ちます。

お金を払って勉強するのもいいけど、日常にも集客のヒントはたくさんありますので、ぜひ実行してみてください。

MAIL MAGAZINE

メルマガ

新築・リフォーム会社の集客や経営に役立つ情報を、動画などで無料でお届けします。
お気軽にご覧ください。